胸の真ん中が痛いと思ったら胸骨骨折・胸肋関節炎だった





先日、整形外科に行ってきました。

MRIを撮るためです。

筋トレを生きがいとしている私ですが、ここ4ヶ月間、胸のトレーニングを一切しておりませんでした。

ベンチプレスのできない筋トレなど、イチゴのないショートケーキのようなものです。

マジでつらいです。

事の発端は昨年の11月末のことです。

いつものようにジムで胸トレをしておりました。

ベンチプレスから始めて、インクラインベンチプレス、ダンベルフライ・・・と順調にこなしていき、最後の〆にケーブルクロスオーバーをしていました。

いつもは片腕25kgでやっていたところを、その日は30kgに増やしてやってみました。

意外といけるぞ

と思いながら、最後の1レップで力を込めた瞬間、胸の中心にキーンと痛みがはしりました。

嫌な予感がする痛みで、直感でマズイことが起きていると感じました。

その日はそこでトレーニングを終えて家に帰りました。

日常生活でも痛みは続いていました。

横向きに寝たり、上半身を捻ったりする動作をするたびに痛みがあります。

不安に思い、家の近くの整形外科に行きました。

レントゲンを撮り、医師の診断は以下の通りでした。

  • 骨に異常はない
  • おそらく軟骨が損傷している
  • 原因を知るためにはMRIを撮るしかない
  • MRIを撮ったところで対処方法は「安静にしておくこと」のみ
  • 3ヶ月は筋トレ禁止

筋トレ禁止宣言に同様を隠せない私。

でも悪化して、筋トレができない期間が長くなるのもいやだったので、大好きな胸トレを封印することにしました。

4ヶ月後。

日常生活での痛みなし

胸以外のトレーニングでの痛みなし

4ヶ月待った

いける

と思い、満を持して胸トレを再開しました。

安全のためフリーウエイトは使わず、スミスマシンやチェストプレスマシンなどのマシンで様子を見る。

スミスマシンでベンチプレス20kgからスタートして40kgまで上げてみました。

以前は90kg6repベンチプレスが、スミスマシンで40kg6repしか挙がりませんでした。

4ヶ月も休むと筋力はここまで落ちるものか

軽くショックを受けたものの、痛みなく胸トレができることが嬉しくて、軽いウエイトでいろんな種目をやりました。

その時は痛みもなく無事トレーニングをやり遂げました。

2日後、胸の真ん中に4ヶ月前と同じような痛みがあり、日に日に痛みが強くなっていきました。

おかしいと思い、前とは違う病院に行きました。

MRIで精密検査をしてもらい、医師から受けた診断と治療方針は以下の通りです。

  • 「胸骨骨折」の跡がある。おそらく4ヶ月前のもの
  • 骨折はもう治っているので今の痛みは「胸肋関節炎」の可能性が高い
  • 治療方法は消炎鎮痛剤の内服と外用
  • ジム禁止で安静に
  • 一週間後も痛みがあれば骨折の可能性もあるので血液検査をする

まさかの骨折でした。

一回目に行った病院では見つけられませんでした。

レントゲンでは見つけられないような骨折だったそうです。

もし、胸のトレーニングで筋肉痛以外の痛みを感じるようであれば、骨折や軟骨の損傷の可能性があります。

病院でMRIを撮ってもらうことをおすすめします。

私は当分の間、胸トレはできないと思いますので、

胸以外の背中、肩、脚、腕だけでも、痛みがない種目で続けようと思います。

怪我が悪化するのが怖いので、控えめに。

みなさんは私のようなことにならないように、

ケーブルクロスオーバーは低重量でやりましょう

最後までご覧下さり誠にありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

RYU

コメントを残す